日本管材センター株式会社

お知らせ・関連情報

豆知識

No.26

都内でも注意!水道管の凍結対策!

冬になると怖いのが水道管の凍結です。 東北などの寒い地域ではよくあることなので、対策を取られている方も多いですが 都内では関係ないと思って、何も対策していない人が多いのではないでしょうか? 実は都内でも寒波の際には水道管の凍結被害が数多く報告されています。 2月4日は立春ですが、実際は寒い日がまだまだ続きそうです。 関東では2月に大雪が記録されることも珍しくなく、水道管の凍結対策は今からでも勉強しておいて損はないでしょう。

水道の凍結が起こりやすい条件

・気温がマイナス4℃以下

・風が当たりやすい場所

・日の当たらない場所

・むきだしの水道管

・長期間使用しない水道管

水道管が凍結すると……?

水が出ない、出にくくなることはもちろんですが、気をつけなければいけないのは水道管の破損です。

水は凍ると膨張する性質があるため、水道管内で凍ると内部がパンパンになり、水道管自体が割れたり、接続部が破損したりする危険があります。

凍結対策

・水を出しっぱなしにする

簡単かつ効果がある方法といえばこれですね。

水たまりや池が凍っている様子はよく見かけますが、川や海が凍っている様子はなかなか見ませんよね。このように、「流れがある水」は氷点下でも凍りにくい特徴があります。そのため、蛇口から少量の水を出しっぱなしにしておくことで、水道管の凍結を防ぐことができるようになります。

ただ、ぽたぽたと水滴が落ちる程度ではあまり効果がないため、水が線状に落ちる程度の水量を流し続けましょう。もちろん水道代はかかってしまいますが、凍結してしまった時の修理費等を考えると安く済むはずです。

また、出しっぱなしにする水栓は水道メーターから一番遠い水栓にしましょう。2階建てや3階建ての戸建の場合は各階でそれぞれ水を出しっぱなしにする必要があります。

 

・水道管の保温

水道管が直接外気に触れないよう、保温材を巻きつけ、 その上からヒモでしばって固定し、保温材が濡れないようにビニールテープ等で下からすきまなく重ねて巻きます。保温材は、市販されているものの他に、毛布・発泡スチロール等ご家庭にあるものでも代用できます。

・水抜きを行う

水道管内に水が溜まっていると凍ってしまうため、そもそも水道管から水を抜いてしまうことも有効です。特に数日~長期的に家を空けるため、一つ目の「水を出しっぱなしにする」という方法ができない時におすすめです。

水抜きの方法として、まずメーターボックス内にある元栓を閉めます。次に一番高い位置にある蛇口と、一番低い位置にある蛇口を開けておくと水抜きをすることができます。なお、設備機器(給湯器等)については、取扱説明書をよく読んで水抜き処置をしましょう。

 

・風除けをする

水道管が外気に直接さらされる場所にある場合は、囲いや風除けを作りましょう。

もし水道管が凍結してしまったら……

焦って水道管に直接熱湯をかけるのは水道管や蛇口の破損につながるためNGです。万が一凍結してしまった場合には、自然に溶けるのを待つか、凍った部分にタオルをかぶせ、ぬるま湯をゆっくりかけながら溶かしましょう。

水やお湯が出なくなったり、高額な修理費用を払ったりする必要がないように天気予報などを確認し、寒くなりそうな日には凍結対策をしておきましょう。