日本管材センター株式会社

事業紹介

トータルサポート

多様化する建設現場に対応し、
トータルデリバリーシステムを目指します

現在、建設現場は多様化の一途を辿っています。
狭く交通事情の悪い都心部での大型高層ビル工事、近隣への配慮が必要な住宅地域での病院や高齢者福祉施設、ショッピングセンター、大型マンションの建設など、交通規制に加えて短工期での工事といった厳しい条件が重なるケースが増えています。

このような状況下では、資機材の発注・搬入・揚重は以前にも増してハードルの高い仕事となってきています。

そこで、こうした大型現場では、資機材をスムーズにお届けする「プロジェクト支援」でお客様のご要望にお応えします。

トータルデリバリーシステム

厳しい現場であっても資機材を
スムーズにお届けする支援システム

現場に日本管材センターのスタッフを常駐させ、工期に合わせた資機材の発注、
現場に合わせたトラック・荷姿のアレンジ、揚重センターとの連携による高層階へのスムーズな移送などを行います。
豊富な現場での経験を積んだスタッフが、お客様の手となり足となりプロフェッショナル・ワークで建設現場のサポートをします。

  • 現場の様子を逐一確認し、納期、工期に合わせた適切な納品をします。
  • 現場に合わせたトラック、荷姿で現場に搬入します。
  • コンテナを用いるなど、材料や現場に合わせた適切な荷下ろしをします。
  • 高層階への搬入も揚重センターと連携し、無理なくスムーズに行います。

私たちの使命は、担当現場をスムーズに問題なく終わらせることです。そのためには、デリバリーに関することは勿論、日々刻々と変わる現場の状況を把握し、他業者様との連携などに柔軟に対応していかなければなりません。現場が抱える問題のハードルが高ければ高いほど、現場への関わりも深くなり、お客様との信頼関係も強くなると信じて日々の業務に取り組んでいます。ひとつひとつの現場に自分の足跡を残し、完成させていく。これが「プロジェクト支援」の仕事です。

新規お取引についてのお問い合わせ

営業本部

TEL:03-5541-5119

FAX:03-5541-5298