日本管材センター株式会社

会社情報

沿革

日本管材センターは、「業界の革新」を成し得るため、
民家の玄関先を借りた急ごしらえの事務所に電話を一台置いたところから始まりました。
中間商社一社主義の発展、情報システムの独自開発、前例のない規模の配送センター設立…
他にも、弊社は様々な「挑戦」をしてきました。そして、現在も挑戦し続けています。

  • 1967

    創業者である関根唯夫が配管機材類の販売を目的として資本金100万円にて、東京都中央区湊町1丁目11番に設立。社名を日本管材センター株式会社とする。

  • 1971

    東京都江東区塩浜1丁目3番21号に本社を移転、並びに配送センターを新設。

  • 1976

    資本金を1億円に増資。

  • 1982

    本社を東京都中央区日本橋兜町12番1号に移転。

  • 1987

    資本金を2億円に増資。
    東京都江東区新木場3丁目2番4号に新木場配送センターを新設。
    ロゴを「kanzai」に変更。

  • 1991

    上海駐在員事務所を開設。
    資本金を3億5000万円に増資。

  • 1992

    資本金を5億円に増資。

  • 1994

    本社を東京都中央区築地4丁目1番1号に移転。

  • 1999

    上海駐在員事務所を現地法人化。管材(上海)国際貿易有限公司[KANZAI (SHANGHAI) CO.,LTD.]
    本社を東京都中央区八丁堀2丁目23番1号に移転。

  • 2000

    新木場配送センターを増改築し、名称を[kanzai LOGISTICS Shinkiba]に変更。
    新木場配送センターがISO14001を認証取得。

  • 2007

    ドバイ支店[DUBAI OFFICE]開設。

  • 2010

    本社を東京都中央区八丁堀2丁目24番3号に移転。

  • 2015

    ベトナム現地法人[VINA KANZAI CO.,LTD.]設立。
    ホールディングス化。
    TECH LAB常総を開設。

  • 2016

    新木場配送センターDepotを新設。

  • 2017

    関根章人が代表取締役社長に就任。
    kanzai netの運用を開始。